業務の平準化のメリット7つ【製造業】

平準化とは、複数の要素や指標を均一化することです。製造業においては、業務プロセスの生産のムラや不均衡を減らし、均一化することを指します。業務を平準化すれば、生産性の安定や品質向上が期待できます。

作業のムラが発生しにくくなるため、従業員の負担が軽減したり、無駄の解消によってコストを削減できたりすることもメリットです。生産活動を計画通りに進められるようにもなるため、余力が生まれて緊急事態に対応しやすくなったり、改善活動やイノベーションに取り組めるようになったりもします。

今回は、業務の平準化のメリット7つについて詳しく紹介します。業務の平準化の基本も解説するため、ご参考にしてみてください。

業務の平準化とは

製造業における業務の平準化とは、業務プロセスの生産のムラや不均衡を減らし、均一化することです。具体的には、生産量や工程の作業負荷などを均等にすることで、効率的な生産体制に整え、生産性向上を目指す取り組みであるといえます。

製造業において業務の平準化が重要な理由は、安定した生産性の確保や品質の向上に大きく影響があるからです。生産プロセスの中に、多くの業務や工程が複雑に絡み合っている製造現場では、あらゆるところに「ムラ」が生じやすい特徴があります。

ムラの多い生産現場で安定した生産をおこなうのは非常に難しく、余禄も確保できないため、常に不安定で余裕のない状態になってしまうのです。そのため業務を平準化できれば、効率的な生産管理や品質管理の実現が大いに期待できます。

業務の平準化のメリット7つ

業務の平準化をおこなうと、生産性や品質が向上します。従業員の負担を軽減できたり、コスト削減につながったり、生産計画通りに業務が進められるようになることで、余裕が生まれたりすることもメリットです。

ここでは業務の平準化のメリット7つを詳しく紹介します。

生産性が安定する

業務の平準化をおこなうと、生産ラインや工程間のバランスがとれるようになり、生産のムラが減少することで生産性が安定します。具体的には、日々の生産量や生産速度を均等化することで、生産ラインや工程間の過負荷や過少負荷を防ぐ平準化の方法などがあります。

業務の平準化による生産性安定の事例として、トヨタの「平準化生産方式」があります。

トヨタの平準化生産方式とは、生産スケジュールを細かく計画し、需要の変動に対応しながら、できるだけ均一な生産の維持を目指すことです。1日の生産量を時間単位や日単位で均等にわけることで、安定した生産フローが実現したようです。
参照:https://www.894651.com/column/toyota-seisan-023

作業の均等分散によって品質が向上する

業務の平準化では作業を均等に分散するため、品質の向上も期待できます。常に適切なペースで、業務に取り組むことができるようになり、バラツキの低減につながりやすくなるからです。また特定の工程でのボトルネックの解消も見込めます。

従業員の負担が軽減する

業務を平準化できると、作業量が均等になるため、従業員の過度な業務負荷や長時間労働が軽減されることもメリットです。人材配置の適正への取り組みにより、さらに大きな効果も期待できます。

平準化により、従業員のシフト管理や業務スケジュールが安定しやすいこともメリットでしょう。業務の平準化の具体的な方法例として、製造業では「ラインバランシング」をおこなうことで、生産ラインの各工程における作業負荷を均等に分散できます。

ラインバランシングとは、製造業において工場の生産ラインの作業量を均等化する方法のことです。このラインバランシングによる業務の平準化により、特定の工程に業務が集中することを防ぎ、従業員の負担を軽減できます。

コスト削減につながる

業務を平準化すると、無駄な待機時間や過剰な在庫を減らせるため、コスト削減にもつながります。また、平準化された生産計画によって、必要な資材や部品の在庫数を最適化することも可能となり、過剰在庫や資材の調達不足を防げるため、在庫保持コストや在庫切れによる生産停止リスクも減少します。

緊急事態に対応しやすくなる

業務が標準化されると、余力が生まれて、突発的な業務や緊急事態などに対応しやすくなります。具体的にはトラブル対応のためのリソースも確保しやすい状態のため、スムーズにトラブルに集中的に対応できることにより、緊急事態にスピーディーかつ円滑に対応できるようになることで、遅延リスクなども減少できます。

計画通りに進められるようになる

業務が平準化されると、生産計画通りに業務を進められるようになります。ムラやイレギュラーな業務遂行などの発生を抑え、生産計画の管理に注力することが可能となり、結果的に経営全体の安定性が向上するでしょう。

改善活動やイノベーションに取り組める

業務の平準化が実現すると、生産計画通りに進められるようになり、余力が生まれます。経営層や従業員にも業務や精神的な余裕が生まれるため、改善活動やイノベーションに取り組めることもメリットの一つです。特に新製品・サービスの開発など、企業発展に関わる業務に集中できます。

製造業における平準化のメリットは生産性や品質の向上(まとめ)

平準化とは、複数の要素や指標を均一化することで、製造業においては、業務プロセスの中の生産のムラや不均衡を減らし、均等化することを指します。製造業における業務の平準化のメリットは、生産性や品質が向上することです。

ムラが解消されるため、従業員の負担を軽減できたり、コスト削減につながったり、計画通りに進められるようになることで、余裕が生まれたりすることもメリットといえます。改善活動やイノベーションにも取り組めるようになるため、業務の平準化は企業成長や発展に欠かせない取り組みであるといえるでしょう。

今日のポイント

  • 平準化とは複数の要素や指標を均一化すること
  • 製造業における業務の平準化とは業務プロセスの生産のムラや不均衡を減らし均一化すること
  • 業務の平準化のメリット7つは「生産性の安定」、「作業の均等分散による品質の向上」、「従業員の負担軽減」、「コスト削減」、「緊急事態への対応性向上」、「計画通りの進行」、「改善活動やイノベーションへの取り組み向上」
業務改善、システム企画・開発のご相談はこちら

TEL : 03-4446-9041

お問い合わせ

〒103-0004
東京都中央区東日本橋1丁目1-20
三幸日本橋プラザ707

営業時間:9:00〜18:00(平日)