製造管理システムとしてMESを導入するメリット4つ|生産管理システムとの違いも解説

製造管理システムの導入は、現場の業務効率化に大きく貢献してくれます。中でもおすすめなのは、MESと呼ばれる製造管理システムです。MESは現場における製造プロセスを見える化し、最適かつ適切な指示を出してくれます。

資源を無駄なく活用できるようになるため、コスト削減や業務効率化が期待できるようになることがメリットです。今回は、製造管理システムとしてMESを導入するメリット4つを紹介します。生産管理システムとの違いや、MESを導入するデメリットとその解消方法も解説するので、ご参考にしてみてください。

製造管理システムとは業務を一括管理できるソリューションのこと

製造管理システムとは、現場の業務を適切に一括管理できるソリューションのことです。製造プロセス自体に特化して各工程を見える化し、資源を無駄なく活用できるように指示を出してくれます。

アナログ的な管理方法で発生するヒューマンエラーの心配がなく、現場の業務効率化を目指せることが強みとなります。

生産管理システムとの違い

製造管理システムと生産管理システムとの違いは、担当範囲にあります。製造管理システムは、製造現場における製造プロセスに特化してプログラムされており、製造プロセスをリアルタイムに監視して情報を収集し、取得したデータをもとに資源の適切な活用指示を出したり、作業計画を提案してくれたりします。

一方、生産管理システムは、生産フロー全体が担当範囲となり、製造プロセスに限らず、生産フロー全体を総合的に一括管理します。つまり、製造管理システムは生産管理システムに含まれており、製造管理システムは現場の作業工程に関する管理に特化し、生産管理システムは生産フロー全体に関する管理が担当の範囲となっています。

製造管理システムとして注目を集めているMESとは?

MESとは、「Manufacturing Execution System」を略称した製造管理システムです。

MESの特徴は、主にIT技術を活用し、人材・設備・時間などの資源を無駄なく活用できるよう、指示を出してくれることです。製造プロセスをリアルタイムで監視し情報を収集することで、現場の資源状況を正確に把握し、作業指示や作業計画の提案まで行ってくれます。

MESには、標準となるパッケージが存在しません。なぜなら、MESの必要な機能は、企業や現場によって大きく異なるからです。そのため基本的な概念として、必要な機能だけを抽出して、システム構築を行うのが一般的です。MESを構成する主な機能には、以下があります。

  • 生産資源の配分と監視
  • 仕様・文書管理
  • 設備の保守・保全管理
  • 品質管理
  • 作業のスケジューリング
  • 作業手配・製造指示
  • 作業者管理
  • データ収集
  • プロセス管理
  • 製品の追跡と製品体系管理
  • 実績分析

MESを活用するためには、さまざまな機能を上手く組み合わせて、システムを構築することが重要なポイントとなります。またMESと似たシステムに、ERP(企業資源計画)があります。

ERPとは、企業の基幹となる業務を管理する、基幹システムのことです。生産・人事・販売など基幹業務全体を一元管理し、企業資源の活用方法を最適化することで、利益の最大化を目指します。

MESとERPの違いは、主となる目的や担当範囲にあります。MESの主な目的は製造プロセスの管理と最適化で、担当範囲は作業工程が中心です。一方、ERPの主な目的は利益の向上で、担当範囲は製造プロセスを含む経営全体にまで及びます。

どちらも企業資源を無駄なく活用して、業務効率化や利益の最大化を目指すシステムですが、MESは製造プロセスに特化しており、ERPは基幹業務を幅広く管理するシステムとして、構築されます。

関連記事

製造管理システムとしてMESを導入するメリット4つ

MESを導入すると、製造コストの削減やトレーサビリティの確立が期待できます。さらに各部門とリアルタイム連携できたり、ノウハウやスキルを可視化できたりすることも可能となり、多様なメリットがあります。ここでは製造管理システムとしてMESを導入するメリット4つを紹介します。

製造コストを削減できる

MESでは、製造プロセスを見える化し、リアルタイム監視します。資源の正確な状況をリアルタイムに把握できるようになるため、無駄な製造工程や作業が減り、製造コストを削減できます。結果的に不良品の発生を防ぎ、製造コストを下げることにも繋がります。

トレーサビリティを確立できる

トレーサビリティとは、生産・製造の過程を追跡することです。MESを導入すると、現場の業務を適切に一括管理できるようになります。製品がいつ、どこで、誰によって作られたのかが明確になるため、トレーサビリティの確立が実現するのも大きなメリットです。

トレーサビリティが確立すると、トラブルの原因などを抽出し、具体的な改善方法を検討できるようになります。

各部門とリアルタイム連携できる

MESを導入すると、各部門とリアルタイム連携して、情報共有できるようになります。部門間での連携がスムーズになるため、業務効率化・作業計画の最適化・コスト削減などが期待できることがメリットです。工場と事務所の場所が遠く離れている場合にも、連携しやすくなるため役立ちます。

ノウハウやスキルを可視化できる

MESでは、収集した情報を蓄積できるため、ノウハウやスキルを可視化できるようになります。現場の業務の属人化を防げるのは、大きなメリットです。可視化したノウハウやスキルを新人教育も効率的に活用できるようになります。

MESを導入するデメリットと解消方法

MESを導入するデメリットは、管理コストが発生することです。そのため初期導入の費用だけでなく、ランニングコストやメンテナンスコストも、考慮しておく必要があります。

また、MESは企業や現場に合わせて、適切にカスタマイズして導入しなければ意味がありません。必要な機能が備わっていなかったり、不必要な機能を搭載していたりすると、無駄なコスト発生の原因になることもあります。

そのためMESを適切に導入してコストを最小限に抑えるのであれば、専門性の高いコンサルタントや企業に相談するのがおすすめです。自社の経営状況や現場環境を総合的に判断してもらったうえで、MESの適切な導入方法を判断してもらえば、無駄なく効率的に製造管理システムの導入が実現します。

あおい技研では、多数の工場診断・製造業の業務改善を行ってきました。製造業の診断・分析業務で培ったノウハウを活用して、MESなどのシステム企画から開発、サポートまで全般を担当させていただいております。

一方的なコンサルティングやアドバイスではなく、企業や現場に寄り添ったご提案とサポートを心がけています。製造管理システムやMESの導入をご検討している方は、ぜひ一度あおい技研にご相談ください。ご予算に合わせて、最適な導入と運用ができるよう、全力でサポートさせていただきます。

製造管理システムとしてMESを導入すると業務を効率化できる(まとめ)

製造管理システムの中でも注目を集めているのが、MESというソリューションです。MESは現場の製造プロセスを見える化し、適切な指示を出してくれる製造管理システムです。導入すると、人材・設備・時間などの企業資源を、無駄なく活用できるようにもなります。

MESには標準パッケージが存在しないため、自社に合わせてシステム構築をする必要があります。また導入と運用にはコストが発生するため、重要なのは必要な機能だけを抽出して反映させることです。そのためMESの導入と運用に不安のある方は、専門性の高いコンサルタントや企業に相談して、判断してもらうことをおすすめします。

今日のポイント

  • 製造管理システムとは業務を一括管理できるソリューションのこと
  • 製造管理システムは現場の作業工程に関する管理、生産管理システムは生産フロー全体に関する管理であることが違い
  • MESとは「Manufacturing Execution System」を略称した製造管理システムのこと
  • 製造管理システムとしてMESを導入するメリット4つは「製造コストの削減」「トレーサビリティの確立」「各部門とのリアルタイム連携」「ノウハウやスキルの可視化」
  • MESを導入するデメリットはコストの発生で解消方法は専門性の高いコンサルタントや企業に相談すること
業務改善、システム企画・開発のご相談はこちら

TEL : 03-4446-9041

お問い合わせ

〒103-0004
東京都中央区東日本橋1丁目1-20
三幸日本橋プラザ707

営業時間:9:00〜18:00(平日)