製造業DXが進まない理由3つ|進めるときのポイント

製造業DXにおいてが進まないのは、企業が導入するメリットを掴みにくい現状があることです。「製造業DX」と一言でいっても、取り組み内容はさまざまで、当然ですが企業によって導入するべき取り組みは異なります。

製造業DXについてはIT化やAIの活用を代表として、取り組み内容が多岐に渡ることから、自社に合った形でのベストな製造業DXが想像しにくく、そのためDX化に向けた取り組みにメリットもイマイチ掴めない…という企業は多いのではないでしょうか。

実際に製造業DXのメリットを理解していて導入したいと考えていても、予算が足りないこともあるでしょう。また製造業DXを推進するためには、専門知識のある人材や環境を確保することも必要であり、苦戦している企業も少なくないようです。

今回は、製造業DXが進まない理由3つを解説します。製造業DXの基本や進めるときのポイントも紹介するため、ご参考にしてみてください。

製造業DXとは

製造業DXとは、製造業においてデジタル技術を活用することで、業務プロセスや生産方法などを根本的に変革し、生産性や競争力を向上させる取り組みのことです。

具体的には、以下のような取り組みが主にDX化を推進する手段となっています。
DX取り組み事例(経済産業省):https://www.meti.go.jp/meti_lib/report/2019FY/000312.pdf

  • IoT化…工場内の機械や設備をインターネットに接続し一元管理できるようにすること
  • ビッグデータ活用…膨大な生産過程や市場のデータを収集し分析などに活用すること
  • AI導入…人工知能に学習をさせ業務を自動化させたり精度を上げたりすること
  • ロボットやITツールなどによる自動化…定型業務や単純な業務などをロボットやITツールなどに任せて自動化すること

製造業DXは、ただの最先端デジタル技術導入の取り組みではありません。必要となる要素を組み合わせることにより、自社に適した取り組みを行い、結果として目的の達成をスムーズに行う手法のひとつとなります。

またDX化により業務プロセスや企業経営全体の、大きな変革を目指す手段にもなります。製造業DXを進められると、生産性が向上し企業発展につながるだけでなく、製造業の人材不足やグローバル化などさまざまな問題に対処できるようになります。

製造業DXとは

製造業DXが進まない大きな理由は、企業が導入するメリットを掴みにくいことにあるといえます。そのためDX化を導入するメリットを把握し、DX化の手段・手法を模索することにより、企業として享受できる項目に目を向ける必要があります。

ここではまず製造業DXが進まない理由3つを解説します。

DXを導入するメリットが不明瞭である

製造業DXの内容はさまざまで、何の技術をどのように導入するか、慎重に検討する必要があります。そもそも製造業DXの理解を深めるのが難しいこと、導入するメリットがイマイチ掴めないことは、進まない大きな理由の一つです。

日本では職人の高度な手作業による技術力が、ものづくり産業を支えてきた背景もあるため、「製造業DX=完全なるデジタル化・機械化」とマイナスに捉えている人が多い側面もあります。

DXに取り組む予算がない

製造業DXを導入するためには、初期費用として高額な費用が発生するケースがあります。製造業でDXを導入したくても、自社に予算がなく実行できないという企業も少なくありません。

初期費用だけでなく、運用のランニングコストなども必要となります。取り組む予算と導入後の効果を慎重に比較、検討する必要があります。

DXを推進するために必要な人材や環境が不足している

製造業DXを推進するためには、専門知識のある人材や適切な環境作りの準備も必要です。社内に知見のある従業員がいない場合、教育研修を設けたり資格取得を促したりするか、新たに人材雇用を検討する必要があるかもしれません。

適切な環境を作るためには、コストも発生します。DXを推進するために必要な人材や環境が不足している企業が多いことも、進まない理由の一つでしょう。

製造業DXを進めるときのポイント

製造業DXを進めるときのポイントは、企業における課題を明確にし、まずはDXに対する理解を深めて、導入の目的やメリット、効果などを明確化することです。

導入を決めたらDXを推進できる人材確保や環境整備に力を入れ、導入後もPDCAサイクルを回していく必要もあります。

ここでは製造業DXを進めるときのポイントを紹介します。

DXの理解を深める

まずは、社内全体で製造業DXの理解を深めましょう。製造業DXに関する社内研修をおこなったり、専門セミナーに参加したり、関連資格の取得を目指したりするなど、経営層も従業員も情報共有しながら理解を深めていくことが大切です。

DX導入の目的やメリットを明確化する

製造業DXの基本を理解できたら、自社における導入目的やメリットを明確化しましょう。導入目的やメリットはなるべく具体的かつ可視化できる形で、数値などを用いて、従業員にとって魅力的だと感じられるような内容にまとめることが重要です。実際にDX化による生産性向上や業務改善の効果を体験することも重要になります。

DXを推進できる人材確保や環境整備に力を入れる

社内でDXを推進できる人材育成が難しい場合は、外部の専門家に頼ったり、新たに雇用をしたりして人材を確保しましょう。そのため導入と運用に必要な環境整備に力を入れることも大切です。

DXは、日本の政府が推進している取り組みです。国の助成金や補助金制度を利用できる可能性があるため、予算で悩んでいる企業は制度利用を検討するのもおすすめです。

DX導入後もPDCAサイクルを回していく必要がある

製造業DXは、導入して終わりではありません。効果的に運用していくためには、PDCAサイクルを回していく必要があります。

製造業DXの成果を最大限高めるために、適宜問題点や改善点がないか確認しながら、調整やメンテナンスなどをおこなうことが大切です。

製造業DXは業務プロセスや企業経営全体の大きな変革を目指せるもの(まとめ)

製造業DXは「デジタル化」とは違い、ただ最先端IT技術などを導入する取り組みではありません。IoT化やAI導入など、さまざまデジタル技術を活用することで、業務プロセスや生産方法などを根本的に変革し、生産性や競争力を向上させる取り組みのことです。

しかし、製造業DXの重要性やメリットなどを理解している企業はまだ少なく、進んでいない現状があります。製造業DXが進まない理由は、企業が導入するメリットが不明瞭であること、費用がかかること、専門知識のある人材や適切な環境を用意しなくてはならないことなどです。

しかし、製造業DXは製造業が現在抱えている人材不足やグローバル化への対応など、深刻な問題を解消できる画期的な取り組みであることに間違いありません。まずは、製造業DXの理解を深め、導入の目的やメリットを明確化し、自社に合った形で少しずつ進めていけるようにしましょう。

今日のポイント

  • 製造業DXとは製造業においてデジタル技術を活用することで業務プロセスや生産方法などを根本的に変革し、生産性や競争力を向上させる取り組みのこと
  • 製造業DXが進まない理由3つは「DXを導入するメリットが不明瞭である」、「DXに取り組む予算がない」、「DXを推進するために必要な人材や環境が不足している」
  • 製造業DXを進めるときのポイントはDXの理解を深めたり導入の目的やメリットを明確化したり、推進できる人材確保や環境整備に力を入れたり、導入後もPDCAサイクルを回していく必要があったりすること
業務改善、システム企画・開発のご相談はこちら

TEL : 03-4446-9041

お問い合わせ

〒103-0004
東京都中央区東日本橋1丁目1-20
三幸日本橋プラザ707

営業時間:9:00〜18:00(平日)